読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

id:bash0C7の進捗

出来は上々で申し分の無い仕上がり日記

コミックマーケット85に参加しました

この数回落選してたのですが今回は当選したので久々に参加。2日目、3日目にぶらり行ってきました。

2日目は友人のサークルのお手伝い。荷物搬入・搬出といくらか売り子業。 3日目は自分らのサークル参加の日。はじめての西館配置でした。

今回はその他に2つのはじめての試みをしてみました。

1. 個人製作物を委託

自分らのサークルに委託というかたちで、個人製作物を出してみました。

f:id:bash0C7:20131223014627j:plain

f:id:bash0C7:20131223014624p:plain

Tシャツは完売、シールも多数買っていただきました。本当にありがとうございました。 今後は https://bash0C7.booth.pm で頒布しようと思います。

2. コスプレエリアに足を運んでみました。

頑張ったのです。

製作過程メモ

なにせはじめての事。全工程を事前に組み立てられるわけがありません。 そこで、普段のソフトウェア開発者としてのスキルを活かして、動く現物で少しずつ対象に対する理解を深めながら作っていきました。

スパイクソリューション

実際に作り出す前に加工しやすい薄い紙を折って、想像通りの被り物ができるか検証してみることにしました。

f:id:bash0C7:20131130155443j:plain

ドッグフーディング

スパイクソリューションで感覚をつかむことができたので、段ボールを使って実際に近いものを作っていくことに。かぶって稼働できるものを作っていきました。

f:id:bash0C7:20140103013944j:plain

勇気を持って引き返す

工作を進めていくと、どうやらうまく行っていないことがわかりました。サイズが小さすぎる、接合部分が合わない、変なスキマができるなど、そのまま進めても到底プロダクション品質には到達しない事が途中で判明しました。 ソフトウェアならテストで足場を作って内部構造を改良していくことが可能ですが、破壊的加工しかできない段ボールのこと、そうもいきません:-(

一度解体して、うまく行っていないところを検証してみたところ、少しの大きさの違い、角度の違いが最終的な齟齬になっていることに気が付きました。 そこで、先に作った分は破棄し、改めて厳密に寸法測って定規当ててカッター入れて作りなおしていくことにしました。

今回もまた随時かぶりながら進めていきます。 目と口を付けないと連装砲ちゃんっぽくみえないので、余り段ボールで中破顔を作ってみました。 これで目を口の位置、中の人が外を見る穴をどう穿つかも検討しています。

f:id:bash0C7:20131221083443j:plain

目も口も砲身も入れて、完成に近いかたちに固定してかぶってみたところ。

f:id:bash0C7:20131221104447j:plain

持ち運びのため、前後に分解できる作りにしています。塗装はその分離した状態でそれぞれに塗っていきます。 塗装には リキテックス スプレー - 商品情報 - リキテックス のグレーを使いました。ただ利用した全身タイツがテカテカしてたので、シルバーの方が良かったかもしれません。

f:id:bash0C7:20131230192636j:plain

システムテスト

これでひと通り形になったので、全てを結合。 首はネックウォーマーです。妙にじゃばらっぽく見えて図らずもキモい感がましてます。 ちなみに3日目はネックウォーマーを忘れたので、全身タイツのセットの宇宙人頭部の被り物のてっぺんを破いて首から顎あたりだけ隠れるようにしました。

またこの時は全身タイツの下は部屋着だったのでゴワゴワしています。本番では温熱効果の高いらしい長袖下着と股引を履いてぴっちり感をだすようにしました。

f:id:bash0C7:20131224005357j:plain

オプションアイテム

最後の最後に浮き輪。 "ぜかまし"文字は、直接書くと失敗時に辛い思いをするので、紙に手書きしたものをカッターで切って両面テープで貼り付けています。 トレードオフとして耐久性激悪になりますが、そこは本番ですぐ補修できればOKとしました。MTBFよりMTTRを重視というやつです。

f:id:bash0C7:20131228001414j:plain

あと、靴はいいのが見当たらなかったので、黒のクロックス風サンダルにリキテックスをふりかけてグレー塗装しました。

やってみて思ったこと

現地では同系統の連装砲ちゃんが何人もいらっしゃいました。 その方々とくらべると、被り物の精巧さやリアルさは到底及ぶところではなく、もっと工作スキルを上げる・素材を工夫するなどを行わなくてはならんという気づきを得ました。 ちょっと自信がついたところとしては、タイツのキモさ感は自分のはとてもいいセンいったのではないかとこっそり自負しています。

  1. 前職で培った全身タイツ着用スキル
  2. タイツサイズと身長&骨格
  3. 初夏から続けてきた筋トレ効果

という3つが上手いこと噛み合ったのかと思います。

また、今回はじめてのコスプレエリアで内心非常にドキドキソワソワしていましたが、大いに楽しむことができました。また別の機会にも何らかの趣向を凝らしてみたいと思います。 男の娘系や格好いい系は顔や体型的にイメージができないので、ガチムチ度を上げてネタっぽいのにとどまらず肉体で語る系のことができると面白そうなので、まずは夏に向けて体を作っていこうと思います。

謝辞

全身タイツを見守ってくれたサークルのみなさん、写真撮ってくれたみなさん、一緒に写ってくれたレイヤーさん、要を得ない質問にも的確に応えてくれた東急ハンズの店員さん、温かく見守ってくれた我が家族。本当にありがとうございました。

*1:2日目 東館

*2:3日目 エントランス

*3:3日目 エントランス