id:bash0C7の進捗

出来は上々で申し分の無い仕上がり日記

「真面目なアイドル」ゆっふぃー こと 寺嶋由芙さんバスツアー参加レポート #ゆっふぃーバス

5/7,8の2日間、『ゆっふぃー先生と行く!愉快なヲタク達のドッキドキ♡林間学校』と題されたバスツアーに参加しました。

f:id:bash0C7:20160509114127j:plain

結論から言うと、控えめに言って最高でした。

こういうツアーに参加すること自体初めてだったのですが、全ての心配は杞憂で、ひたすら場とコンテンツを楽しみあっという間の2日間でした。

募集概要

公式ページには下記のように記載されています

■旅行日程:2016年5月7日(土)10:00頃都内出発~5月8日(日)17:00頃都内解散予定

■旅行方面:山梨県河口湖

■旅行代金:45,000円(税込)

■募集人数:45名 (最少催行人数:25名)

■お申込み開始日:2016年4月16日(土)13:00~ ※先着順により定員になり次第受付終了となります。

■お申込み締切日:2016年4月25日(月)12:00迄

■参加条件:寺嶋由芙オフィシャルファンクラブ「ゆふらぶ」会員であること

募集は締め切り前にソールドアウトになり、観光バス1台補助席使わない程度にちょうどいっぱいになる人数でした。

また、旅行代金には昼夜朝昼と全コミでした。なので、当日はほとんど現金を使わず、自分の分の飲み代程度でした。

内容

公式ページには下記のように記載されています

・ゆっふぃー先生がバス往復同乗!

・ゆっふぃー先生の特別授業(3コマ)

・ゆっふぃー先生がちょいちょいライブ

・お夕飯はゆっふぃー先生とBBQ

・ゆっふぃー先生と2ショット撮影

・ゆっふぃー先生のオリジナルイラスト入りツアーパス プレゼント

・消灯後ゆっふぃー先生の見回り

・ゆっふぃー先生と朝のラジオ体操 ※雨天中止

・ゆっふぃー先生と朝のお散歩 ※雨天中止

・旅の締め括り!ゆっふぃー先生と癒しのランチタイム

これらがどういうタイミングで開催されるかは、バスに乗り込んですぐ*1、きっちり進行表も書かれたゆっふぃーお手製のしおりが配られたため、安心して過ごすことができました。

バスツアーダイジェスト

なんしか早いタイミングからまとめがあったり、あとからトゥギャられたりもしましたが、分量が多いのでダイジェストでまとめておきます。

色々足りない情報は多々ありますが、そこは是非他の参加者の皆様のレポートを期待しております。

行きの道中

バス座席はあらかじめ決まっており二人組作って的な恐怖からは無縁でした。

雑談下手でも大丈夫。ゆっふぃーがマイク持って話ししてくれたり、練度の高い方々のアクションに誘発された動けば大丈夫でした。

SAや道の駅でも普通にゆっふぃーと我々参加者は行動を共にしているので、リアルタイムでこういう接触チャンスがたくさんありました。

授業

ゆっふぃー先生による太宰治富嶽百景」の講義。

ゆっふぃーご愛用のMacBook Airでプロジェクターに投影。たまたま自分もいつものMBPを持参していたのでした。

小テストの点数でBBQの席次が決まるシステムで、寺嶋由芙と漢字で綴れなかった人は問答無用で末席&赤白帽をその日一日被ることとなりました。

授業後ちょっとインターバルあけてライブ!

BBQ

寺嶋由芙と漢字で綴れなかった人の席はお肉抜き。おにぎりのみ。

テーブルを同じくした、我々、自分たちを底辺と呼ぶ寺嶋由芙と漢字で綴れなかったものたち+テストの点数の伸び代が大きかった人たちの連帯感です。

そのメンバーで、一曲歌うことでお肉救済いただきました。歌って稼いだ肉は本当に美味しかった。次はもうちょっと練習してうまく歌いたいところです。

BBQ後、自分たちが歌ったステージのところでゆっふぃーライブ。大好きなcontrastをきけて大満足!

自由時間&消灯チェック

ラジオ体操とお散歩

2日目、朝から集まってラジオ体操。健康です。

そののち湖あたりをお散歩しました。快晴で素晴らしかったです。

授業

1日目に引き続き、ゆっふぃー先生による授業。フジパン → 山梨の民話 → サンリオキャラクター大賞と超展開が繰り広げられました。

ライブ

ラジオ体操と同じ場所に移動しての最後のライブです。

終わった後もサークルを解かず逃がさない構え。

全員が集合してライブが始まるまでもたのしい歓談タイムでした。こういうゆったりとした時間が普段のライブと全然違うところですね。

旅の締め括り!ゆっふぃー先生と癒しのランチタイムとは

うまーいお蕎麦をみんなで食べるものでした。

ゆっふぃーが髪を編み込まれているのをみながら蕎麦配膳待ちするなどしていました。

帰りの道中

Twitterでゆっふぃーにリプ飛ばして、マイクで読んでもらうというラジオのような進行。

最後のSAも満喫。なお、当たりませんでした。

そして、渋滞にも引っかからず無事到着!

この後、自分は高田馬場に別のグループのライブを見に行ったのち、仕事場に立ち寄って一日を終えることにしました。

所感

正直に言うと、バスツアーってすごく熱心な、いわゆる強い人たちがいくもので、自分のようなカジュアルな方向の者には縁がないと思っていました。 過去事例を検索したり、Twitterで他グループ事例を見聞きすると、センセーショナルなバスツアーの話が出てくるわけで、不安だらけでした。

また、自分自身、顔と名前を全然覚えられない性質だわ、当意即妙なコミュニケーションもひどく不得手で、同じファンの人たちとの交流も乏しく、ライブ後も仕事のなんのとで飲み会などにお邪魔することももほぼなかったので、不安の倍加要素はたくさんありました。

しかし、目の行き届いた進行、よく練られたコンテンツ、皆のテンション、ゆっふぃーの心配りなどなど、様々な仕組みによって、楽しくなる以外に無い素晴らしいバスツアーを味わせてもらうことができました。 本当に行ってよかったと心から思います。

次はより楽しめるようにするために、これまでも・今回もあんまりできなかった、もっといろんな人たちとのコミュニケーションを図ろうと思います。まずは参加者のTwitterのフォロー祭りから頑張ります。

ともあれ、ゆっふぃー、運営の皆様、参加者の皆様ありがとうございました!またいずこかの現場で会いましたらよろしくお願いします。 びっくりするほど顔と名前を覚えられない人なので、度々名前をお尋ねすることになると思いますが、ご容赦くださいませ。

f:id:bash0C7:20160509011708p:plain

ゆっふぃーバスロスを癒す

*1:本当は乗り込むときに渡す予定だったらしいけどw