id:bash0C7の進捗

出来は上々で申し分の無い仕上がり日記

#わたしのゆふはここから

結論から先に述べると、わたしのゆふはBiSからで、現場としては「もしもしシブヤZ vol.1」新規。ゆっふぃーがゆっふぃーがと言い出したのは国技館でした。

#わたしのゆふはここからとは

寺嶋由芙さんとのであいのきっかけを語るハッシュタグです。ふと会話の流れでつけたら速攻で補足いただいて大変恐縮です。

f:id:bash0C7:20160703234532p:plain

せっかくなので自分の「ここから」をもう少しまとめます。

その前に、寺嶋由芙さんとは

株式会社ディアステージ所属のソロアイドルさんです。

ゆるキャラ好きが高じて、ゆるキャラグランプリ2014、2015の表彰式MCを担当したり、東京MXみうらじゅん&安斎肇のゆるキャラに負けない!ゆるキャラナビゲーターとしてレギュラー出演したりもしてます。

2016/7/8に新宿BLAZEでワンマンライブがあります。アルバムリリースを控え、その新曲多数とのことで、一番初参加しやすいライブといっても過言ではありません。

「ここから」

こちらのエントリーに書いてたものを再構成してお送りします。

すべての始まり

2012年9月のこのカンファレンスがはじまりです。

sapporo.rubykaigi.org

このカンファレンス内のアンカファンレンストラックの「ぬRuby会議 アイドル勉強会」と、スポンサーパンフレット、ステッカー類と同じく「ご自由にお持ちください」コーナーに置かれていたPPCCのCDでした。

PPCCは大先達のこの中のひとつだったのかなと思ってます。

secondlife.hatenablog.com

初現場

カンファレンスで得たことは、たんに知識を得たというだけで終わらせず、実際のアクションに移すのようにしています。そのセオリーに従って、たまたま当時の仕事場からも近かった渋谷の2.5Dでの2012年9月25日「もしもしシブヤZ vol.1」に行ってきたのでした。

他の方のレポを参照すると、GMYL全部->My Ixxx->nerve->PPCC->歩行者天国の雑踏で 叫んでみたかったんだ->CRACK CRACK->ウサギプラネット->BiS->primal.->IDOLというセトリだった模様。

ちょっとPPCCをCDで聞いたよ以上の知識はなく、ただただあの渦に巻き込まれていったのは今でも覚えてます。

「ゆっふぃーが止まらない」

その後はCDをぽろっと買って聞く生活で全然現場に行かなかったんですが、チケットをゆずっていただいたので国技館ワンマンにいってきました。

http://www.brandnewidolsociety.org/live/20130316.htmlwww.brandnewidolsociety.org

ここで目が離せなくなって、ポムポムプリンTを買ってしまい、その後BiSimulationのリリイベにも足を運ぶことになりました。そういえばBiSimulationが初リリイベ参加になります。

脱退ライブは全然チケット取れず、それがひどく心残りになったのでした。そんな中で、ふっかちゃん生誕イベにでるよというのを聞きつけたときは非常に嬉しかったのを覚えています。

こういうことを経て、いまのわたしのゆふがはじまったのです。

合わせて読みたい過去エントリー

d.hatena.ne.jp

bash0c7.hatenablog.com

bash0c7.hatenablog.com

bash0c7.hatenablog.com

bash0c7.hatenablog.com

bash0c7.hatenablog.com