id:bash0C7の進捗

出来は上々で申し分の無い仕上がり日記

2019年1月版 16 Personalitiesの結果と考察

yunon-phys.hatenadiary.com

今回16 Personalitiesを調べてみて、意思決定の基準は変わらないが、周囲との関わり合いや物事の進め方が2年前と真逆の指向性を持っていることが定量化出来た。 この定量化により、改めて行動特性の背景を説明することが出来たし、自分が内向的だからとか、計画型だからという根拠を武器に行動することの意味の無さが理解できた。

こちらのエントリーに感銘をうけて、自分も今後振り返られるようにしたかったので書き残しておきます。

今回の結果

“討論者”型の性格(ENTP-T)とのこと。

f:id:bash0C7:20190114230529j:plain

“討論者”型の性格 (ENTP-A / ENTP-T) | 16Personalities

何かを成し遂げようとしている時、ルールなどない! 討論者型の人達は、負け犬になることにある種の喜びを感じています。

最高のアイディアをみたら、最高のカウンターとなる対案を仕掛けて最終的にその対案である自分の案をリジェクトするのが大好きです。

考察

今はVP of Engineeringという職とコーポレート系組織での技術部門を預かっています。 周りとの関係としては、CTOやコーポレートの取締役が極めて近くおり、自分がその人達のキャッチャー役を担うことが多いと考えてます。 そういう動きが診断結果として"討論者"として現れた要因なのかもしれません。