id:bash0C7の進捗

出来は上々で申し分の無い仕上がり日記

配下のプラグインの設定をgracefulな設定再読み込みを実現するout_copyベースのプラグイン #fluentd

昨日のFluentdでgracefulな設定再読み込みを実現するプラグイン単体での対応例 - @bash0C7. hatenablog.entries.reverse_eachのやり方で、fluentdに標準添付のout_copyをgracefulな再読み込みに対応してみました。

https://gist.github.com/bash0C7/6e3a82cc442233faa8de

元のout_copyとの違い

my_config_pathという設定項目に、このプラグインで使うfluentdの設定ファイル片のファイルパスを指定してください。 設定ファイル片には、いつもout_copyで設定していたようにを書いてください。

SIGINTシグナルを送ると再読み込みします。

問題

  • そもそもプラグイン側でシグナルをtrapするのはすじがよくないのでは。
  • ヘッダーのライセンス標記ってこのように改変したものの場合、どういう追記をすればいいのかな
  • テスト書いてない