id:bash0C7の進捗

出来は上々で申し分の無い仕上がり日記

我が家を支えてきた規約

家庭を支える技術 Advent Calendar 2014 - Adventar 12/25の記事です。


気がついたら10年以上一家を立てて2人で暮らしてきました。

家庭を支える技術としては、テクノロジーと通信手段の進化に伴い様々変化してきました。

電話、メール、ライトメール*1IP電話、家族Google Calendar、壁掛けホワイトボード、壁掛けカレンダー、個人Google Calendarの予定有無のみ共有、家族FBグループ、FBメッセージなどなど、色々試してきました。

改めて書き出してみるとPメールDXとか時代感ありますね。また、IP電話は長期出張中の長電話のコスト削減に大いに寄与しました。

さて、これまで家庭を支えてきて、きっと支えていくのは実は上記のテクノロジーじゃない部分だと思っています。 我が家を支えているのは、パーソナルな部分の相互不可侵という規約です。

携帯を勝手に開かないとか手帳を勝手に見ないとか、そのレベルは当然として下記が我が家の共通ルールとなっています。

  • 互いのPCを覗かない
  • 断り無く互いの部屋に入らない
  • 相手のものを勝手に使わない
  • 自分のお金の使い道は自分の裁量で決める

などなどあります。 家族の共用物じゃない自分のものは自分のものであるというシンプルな基準です。

家族なのに厳しいと見る人もいるかもしれません。他人行儀と見えるかもしれません。 でもこれが自分たちにとってはこれがお互いに心地よいやり方だったのです。

あくまで自分たちにとってなので、それぞれで家庭を支える技術とルールを講じてみてください。